カンティーネ サン・マルツァーノ

1962年、代々にわたって農業を営んできたサン・マルツァーノの19のブドウ栽培農家たちがその叡智を結集し、協同組合“カンティーネ サン・マルツァーノ”を設立しました。

それから年月を経て1200を超える栽培農家を抱える大きな協同組合へと成長遂げた今日でも、私たちは決してプーリアの古き良きワイン造りの哲学に敬意を払う事を怠らず、その伝統を守りながらブドウを育て、高品質でエレガントなワインを皆様にお届けしています。

最新鋭の醸造設備を揃えたワイナリーにて、プーリアの誇り高きワイン造りの伝統、感性、そしてその情熱を余すところなく注がれて醸される私たちのワインは、まさにプーリアのテロワールを表現し、その大地で大切に育まれたブドウの個性と特徴が詰まった結晶なのです。

Azienda1

卓越した、その大地

イタリア、プーリア州南部—ブーツ型のイタリア半島最南部、ちょうど“かかと”の先の部分—プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアD.O.P.の産地として知られるこのエリアの心臓部に “カンティーネ サン・マルツァーノ”は位置しています。イオニア海とアドリア海という2つの海に挟まれたこのエリアの中心都市、ターラントとブリンディジの街には、赤土土壌の大地に育つブドウ樹やオリーヴの木々に彩られた大変美しい景観が広がっています。

ブドウ畑に広がるこの赤土土壌と2つの海に恵まれた地中海ならではのテロワールは、ハイクオリティーなワインを造り出すためには不可欠な要素です。

そもそも私たちのエリアの気候条件は、決して植物たちにとっては完璧なコンディションではありません。時には焼けつく様な暑さにみまわれ、時には霜が降ったと思えば、アフリカ大陸からの高温湿潤の風「シロッコ」が吹き荒れる・・・

しかし何十年も前から「ブッシュヴァイン」(ブドウ樹をワイヤーで固定せず、自然のままに樹が立っている状態にしておく背丈の低い株仕立て。日照量が豊富で強風が吹くこのエリアでは伝統的な仕立て方法。)として仕立てられ、いぶし銀の如く力強く畑に佇む古木たちが生み出すブドウ果は、情熱にあふれる醸造家たちの手によって、幾年もの熟成に耐えうるフルボディかつ非常にエレガントなワインへと醸されていきます。

皆様の食卓に豊かさを添え、とびきりの味わいをご提供する、私たちはそんなワインを目指して造っています。